顔のシミ

シミの原因

 ある日、自分の顔に突然シミを発見したことはありませんか?昨日までは何もなかったところに突如表れるくすんだ色で、肌の色とは異なった色をしたシミだから、目に付くしとても気になります。このシミの原因は一体どこにあるのでしょうか?

 シミの原因はストレスや体調不良など内的要因もありますが、多くは紫外線を浴びることで作られる外的要因が原因とされています。紫外線という刺激を受けて作られたメラニンが増加することにより、シミとなって肌に現れてくるのです。シミは紫外線を浴びやすい手や腕にも現れますが、顔のシミは手足以上に大変気になるものです。

シミの種類

 このシミにも、実はいろいろと種類があります。多くの女性が気にするシミは、医学的には「老人性色素斑」と呼ばれ、加齢と共に出てくるシミはこのタイプになります。ちなみに中年以降に顔に現れるベッタリしたシミは、「肝斑(かんぱん)」と言われるものです。

肌のケア

 シミが出来る時は、水分不足や角質の乱れ、さらには代謝不足や体調不良などで肌状態が黄信号の時で、この状態は外的刺激を受けやすく、シミが出やすくなる状態です。刺激を受けることでメラニンが過剰に作られるのに対し、代謝不足などから肌のターンオーバーが弱まっていると作られたメラニンが滞るため、シミができやすくなるのです。顔のシミは、日頃の紫外線予防をはじめとした肌のケアはもちろんのこと、代謝をアップさせて肌の基礎体力をつけることで積極的にケアするのが一番です。



当サイトでは、できる限り正確な情報を掲載しておりますが、その全てを保障するものではありません。当サイトのご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。

Copyright (C) 2007 顔のシミ. All Rights Reserved.